家族葬で得られるメリットについて

Menu

2017年07月07日
家族葬で得られるメリットについてを更新。
2017年07月07日
千葉県の家族葬事情と独特の慣習を更新。
2017年07月07日
昨今のお葬式・簡素化への流れを更新。
2017年07月07日
「家族葬」という選択肢を考えてみるを更新。

千葉の家族葬でメリットを得る

首都圏というのは、特に大家族というよりも小さな家族単位で、特別に近所付き合いなどもなく、ひっそりと生活している人たちは少なくありません。そのような家族のだれかが病気や事故などで亡くなるというのは、その家族にとってとても寂しいことであり、無念な気持ちになりますが、千葉では主に葬儀として家族葬が行われることが多くなっています。派手に葬儀をするよりも、落ち着いて別れを言うことができるし、費用という面でもかなり大がかりにするとそれだけ負担が増えることにもなるからです。
それで葬儀屋を選ぶことや、家族葬ということに関して有益で実際的な提案をしてくれる業者を千葉で見つけることができます。その業者との話し合いで、一般的にどのような形で家族葬が行われているのか、また準備してほしいことと、そうして欲しくないことなどもあるかもしれませんので、そのあたりを話し合うことができます。
家族葬はシンプルであるので費用を節約することができること、そして家族だけでゆっくりとした最後の時間を過ごすことができること、そして気持ちの整理をつけやすいという面でのメリットがあり、千葉では現代の家族のスタイルのニーズに合わせた葬儀屋としてのサービスを提供してくれます。

家族葬に人気

千葉県には家族葬専用のファミリールームを設置した斎場があります。30人程度が入れる部屋があり、白で統一されています。靴を脱いで上がるスタイルで家族がくつろげる場になっています。自宅のリビングルーム(居間)のような空間でゆっくり故人とお別れできるよう作られています。従来100人以上の参列者を想定していた斎場は、現在、家族葬の人気の高まりから、小規模な葬儀に対応した形へのシフトを進めています。
たとえば、150人対応のメーンホールを50~60人用の部屋に2分割した斎場もあります。また、家族葬に対応した施設が新設されています。通夜・葬儀・告別式をせずに火葬だけをする直葬、通夜を省いて葬儀・告別式・火葬をする1日葬など、お葬式の形態が多様化する中で、現在多くの人が望むのが、家族や親戚中心の家族葬です。東京の都市部では、全体の約5割が家族葬だという。
家族葬の人気の背景には何があるのでしょうか。もともと葬儀の中心は家族や親戚ですが、バブル期以降、会葬者(参列者)が主役になっていました。家族は会葬者(参列者)の対応に追われ、故人とゆっくりお別れできないケースもあり、こうして家族や親戚に不満がありました。また、年配者の多くは子に経済的負担や手間をかけたくないと考えていて、残された家族も含め、できるだけ出費を抑えたいという思いが家族葬が増加している背景なのです。

Choices Article

家族葬で得られるメリットについて

千葉の家族葬でメリットを得る 首都圏というのは、特に大家族というよりも小さな家族単位で、特別に近所付き合いなどもなく、ひっそりと生活している人たちは少なくありません。そのような家族のだれかが病気や事故などで亡くなるというのは、その家族にとってとても寂しいことであり、無念な気持ちになりますが、千葉では主に葬儀として家族葬が行われることが多くなっています。派手に葬儀をするよりも、…

詳細はコチラ

「家族葬」という選択肢を考えてみる

家族葬で暖かいお別れを 家族葬と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。小規模で寂しい気がしてしまう、もっと豪勢に最期を見送ってあげたいという方もいらっしゃると思います。千葉県で実際に行われた家族葬に参加した際、確かに小規模な会場でこじんまりした印象を受けました。ただ、寂しいという感情は一切ありませんでした。むしろ、アットホームでお正月やお盆など、自宅に親戚が集まってワ…

詳細はコチラ

千葉県の家族葬事情と独特の慣習

千葉で家族葬が多いワケ千葉の特別な習慣 千葉県では一般葬に比べて家族葬がとても多いです。これは千葉だけでなく東京や神奈川にも当てはまります。理由は一家族当たりの人数がほかの地域と比べて少ない傾向にあるからです。そのため大人数を呼び葬式を開くのではなく、家族の身内だけで葬儀を行うのが主流になってきています。家族でゆっくりと故人をしのぶことができよいかもしれないです。 また香典…

詳細はコチラ

昨今のお葬式・簡素化への流れ

千葉県におけるお葬式の簡素化 お葬式には、会葬者(参列者)がいる一般葬から、家族やごく親しい友人だけでお通夜・葬式・火葬をする家族葬、火葬だけをする直葬があります。そして、最近では、ネット通販を使って火葬に必要なものだけを個人で用意する手作り葬まで登場しています。お葬式は簡潔に、小さくなろうとしています。死に直面した人も、死を仕事にする人もその意識は時代ともに変化しています。…

詳細はコチラ