昨今のお葬式・簡素化への流れ

Menu

2017年07月07日
家族葬で得られるメリットについてを更新。
2017年07月07日
千葉県の家族葬事情と独特の慣習を更新。
2017年07月07日
昨今のお葬式・簡素化への流れを更新。
2017年07月07日
「家族葬」という選択肢を考えてみるを更新。

千葉県におけるお葬式の簡素化

お葬式には、会葬者(参列者)がいる一般葬から、家族やごく親しい友人だけでお通夜・葬式・火葬をする家族葬、火葬だけをする直葬があります。そして、最近では、ネット通販を使って火葬に必要なものだけを個人で用意する手作り葬まで登場しています。お葬式は簡潔に、小さくなろうとしています。死に直面した人も、死を仕事にする人もその意識は時代ともに変化しています。
資金をかけない、簡素な葬儀サービスを人々は望むようになっています。千葉県では、お葬式の小規模が進んでいます。お葬式をした人にアンケート調査(2015年)をしたところ、2010年の調査と比べて、会葬者への接待費が減少しました。家族葬から直葬さらには、ひつぎや骨つぼを通販サイトで個人で調達し、故人をとむらう「手作り葬」も増えています。
葬儀用品の通販サイトには、質素だが納得のいく価格で故人を見送りたいという問い合わせが増えているという。手作り葬の費用は締めて7万円ほど。父親を手作り葬でとむらった男性は「お金をかけない葬儀ができた」と話しています。故人が天寿を全うした場合、周囲には故人を知る人はもういないのです。兄弟姉妹、親戚だけで心のこもったお葬式をしたいと思いから、家族葬や直葬、さらには手作り葬を選ぶ人が増えています。

生前より故人の遺言に基づき家族葬を執り行いました

私の叔父が学生時代に慣れ親しんだ千葉県で癌を患い、長い闘病生活をえて家族に見守られながら病院で息を引き取りました。生前から家族と共に過ごした千葉に骨を埋める覚悟が出来ていたらしく、葬儀も本人の遺言に基づき近親者のみ、この場合、第一等親の家族のみで執り行うことになりました。仮通夜・御通夜に至るまで自宅のある集合住宅にて行い、火葬から49日までの間遺骨は自宅にて預かる形となりました。
告別式などは執り行わず、葬祭上の一室を使い、初七日・49日の法要を1日で済ませることに、また遺骨は冒頭にも触れた様に、生前から納骨を予定していたお寺の墓地へ安置するまでの49日間、自宅にて引き取るような形を選択しています。一連の費用や葬儀場施設の使用につきましては、今回お願いした大手の会社に一式お願いしていた為、滞ることなく葬儀の後清算させて頂きました。
大半は頂いたご香典にておさめることが出来ましたが、墓地の費用については暫く家族内でも話し合いが持たれたようです。県内の相場からだと0.5坪の墓地敷地価格が150万ほど、それに墓石のおよび墓庭や管理費などの諸費用が同様に160万ほど掛かると伺いました。故人が自ら余命を悟り、終活という形で墓地の手配を済ませていたこともあり、家族への負担も随分軽くなり、別れの悲しさもありますが、最後はやさしい叔父への感謝の気持ちで一杯でした。

Choices Article

家族葬で得られるメリットについて

千葉の家族葬でメリットを得る 首都圏というのは、特に大家族というよりも小さな家族単位で、特別に近所付き合いなどもなく、ひっそりと生活している人たちは少なくありません。そのような家族のだれかが病気や事故などで亡くなるというのは、その家族にとってとても寂しいことであり、無念な気持ちになりますが、千葉では主に葬儀として家族葬が行われることが多くなっています。派手に葬儀をするよりも、…

詳細はコチラ

「家族葬」という選択肢を考えてみる

家族葬で暖かいお別れを 家族葬と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。小規模で寂しい気がしてしまう、もっと豪勢に最期を見送ってあげたいという方もいらっしゃると思います。千葉県で実際に行われた家族葬に参加した際、確かに小規模な会場でこじんまりした印象を受けました。ただ、寂しいという感情は一切ありませんでした。むしろ、アットホームでお正月やお盆など、自宅に親戚が集まってワ…

詳細はコチラ

千葉県の家族葬事情と独特の慣習

千葉で家族葬が多いワケ千葉の特別な習慣 千葉県では一般葬に比べて家族葬がとても多いです。これは千葉だけでなく東京や神奈川にも当てはまります。理由は一家族当たりの人数がほかの地域と比べて少ない傾向にあるからです。そのため大人数を呼び葬式を開くのではなく、家族の身内だけで葬儀を行うのが主流になってきています。家族でゆっくりと故人をしのぶことができよいかもしれないです。 また香典…

詳細はコチラ

昨今のお葬式・簡素化への流れ

千葉県におけるお葬式の簡素化 お葬式には、会葬者(参列者)がいる一般葬から、家族やごく親しい友人だけでお通夜・葬式・火葬をする家族葬、火葬だけをする直葬があります。そして、最近では、ネット通販を使って火葬に必要なものだけを個人で用意する手作り葬まで登場しています。お葬式は簡潔に、小さくなろうとしています。死に直面した人も、死を仕事にする人もその意識は時代ともに変化しています。…

詳細はコチラ