千葉県の家族葬事情と独特の慣習

Menu

2017年07月07日
家族葬で得られるメリットについてを更新。
2017年07月07日
千葉県の家族葬事情と独特の慣習を更新。
2017年07月07日
昨今のお葬式・簡素化への流れを更新。
2017年07月07日
「家族葬」という選択肢を考えてみるを更新。

千葉で家族葬が多いワケ千葉の特別な習慣

千葉県では一般葬に比べて家族葬がとても多いです。これは千葉だけでなく東京や神奈川にも当てはまります。理由は一家族当たりの人数がほかの地域と比べて少ない傾向にあるからです。そのため大人数を呼び葬式を開くのではなく、家族の身内だけで葬儀を行うのが主流になってきています。家族でゆっくりと故人をしのぶことができよいかもしれないです。
また香典返しも人数が少ない分負担も減るのもいいですね。全体的に費用も安く抑えられます。今後日本では核家族が増えていくことで今後ますますこういった家族葬が千葉だけでなく地方にも進んでいくかもしれませんね。千葉にはほかの県にはない葬式関係において特別な慣習があるのをご存知でしょうか。今回は3つほどありますのでご紹介したいと思います。
【夜伽】故人のそばで一晩中起きて番をするお通夜【夜伽見舞い】夜伽中に食べ物を持ち寄って飲食を共にする。【長寿銭】故人が長寿を全うされた場合、小銭を長寿と書いたポチ袋に会葬者へお配りすること。長寿銭には長寿をあやかる意味もあり、バックなどに入れてお守りのようにあつかうこともあります。このようにほかの地域では見られない、特別な慣習が千葉にはあります。

千葉県はなぜ家族葬が多いのかメリットと気を付けること

近年、全国的に家族葬が流行ってきているみたいです。テレビで話題になった「小さなお葬式」特に千葉の方々が、興味を持たれたのでしょう。家族や親しい方たちで簡素にお葬式をすることを選択されると、メリットがあるんだと思われます。それは、故人が、高齢者ということでお友達が少なくなってしまい、参列人数減ってきてること、自分自身で「自分のお葬式は簡素でいい」と考えている人が多いことにあります。
「気心の知れた家族で見送ってほしい」とも思われているようです。また、葬儀にかかる費用が100万円以上かかると考えていられる方がほとんどで、葬儀は高額というイメージがあるようです。葬儀には相場なくて、葬儀社によってバラバラなのこの業界には相場が存在していません。お葬式が終了するまで一体いくらかかるのか?予測がつきませんので、そういった金額のことは最初に聞いておくことが大切です。
まとめると、故人とゆっくりお別れができること、自由な葬儀ができること、葬儀にかかる費用を大幅に抑えることができます。故人が会社勤めで一般葬をやる方が良い時もありますので気を付けてください。家族葬ですと訃報を知らせるのに大切な方に声をかけ忘れることがありますので注意してください。また、葬儀後に急な来客に対応できるようにしておくことです。

Choices Article

家族葬で得られるメリットについて

千葉の家族葬でメリットを得る 首都圏というのは、特に大家族というよりも小さな家族単位で、特別に近所付き合いなどもなく、ひっそりと生活している人たちは少なくありません。そのような家族のだれかが病気や事故などで亡くなるというのは、その家族にとってとても寂しいことであり、無念な気持ちになりますが、千葉では主に葬儀として家族葬が行われることが多くなっています。派手に葬儀をするよりも、…

詳細はコチラ

「家族葬」という選択肢を考えてみる

家族葬で暖かいお別れを 家族葬と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。小規模で寂しい気がしてしまう、もっと豪勢に最期を見送ってあげたいという方もいらっしゃると思います。千葉県で実際に行われた家族葬に参加した際、確かに小規模な会場でこじんまりした印象を受けました。ただ、寂しいという感情は一切ありませんでした。むしろ、アットホームでお正月やお盆など、自宅に親戚が集まってワ…

詳細はコチラ

千葉県の家族葬事情と独特の慣習

千葉で家族葬が多いワケ千葉の特別な習慣 千葉県では一般葬に比べて家族葬がとても多いです。これは千葉だけでなく東京や神奈川にも当てはまります。理由は一家族当たりの人数がほかの地域と比べて少ない傾向にあるからです。そのため大人数を呼び葬式を開くのではなく、家族の身内だけで葬儀を行うのが主流になってきています。家族でゆっくりと故人をしのぶことができよいかもしれないです。 また香典…

詳細はコチラ

昨今のお葬式・簡素化への流れ

千葉県におけるお葬式の簡素化 お葬式には、会葬者(参列者)がいる一般葬から、家族やごく親しい友人だけでお通夜・葬式・火葬をする家族葬、火葬だけをする直葬があります。そして、最近では、ネット通販を使って火葬に必要なものだけを個人で用意する手作り葬まで登場しています。お葬式は簡潔に、小さくなろうとしています。死に直面した人も、死を仕事にする人もその意識は時代ともに変化しています。…

詳細はコチラ